HOME 〉

雑誌『料理通信』2013年3月号 | 料理通信

雑誌『料理通信』2013年3月号 | 料理通信

MAGAZINE



  • 2013年3月号 定価: 1,026円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      続・シェフの「手仕事」いただきます。

      味を“深める” 注目の「手仕事」レシピ60!

      • 2012 年3月号(完売!)の「手仕事」特集では、ジャンルを超えて増えている「パテ」を象徴的な一品として取り上げました。あれから1 年……コツコツ手をかけて作る自家製ものに心惹かれるシェフたちは、さらに増えています。今年注目するのも、長年作り続けられ、人々の知恵が集積した手仕事。そこには、味を「深める」ポイントがたくさんありました。粉モノからベジ系まで、シェフの手仕事を一挙公開します!

    • 注目の手仕事“粉もの”

      • パテの次はこの手仕事に注目! まずは「マシンのいらない手打ちパスタ」からスタートです。タリアテッレ、ストロッツァプレーティを例に、手延べパスタの全手仕事を紹介。続いて、ジャガイモのニョッキ、コカ、タルトフランベと、“粉もの”レッスンのスタートです。

    • 手仕事が光るレシピ集

      • 和の手仕事、ナチュラル系手仕事、ベジ系手仕事、スイーツ&〆の一品など、各ジャンルのシェフたちから手仕事が光るレシピを教わりました。「干し網」「型抜き」「調理バサミ」など、シェフ愛用の調理道具も紹介! 味を深めるコツが詰まっています。

    • 第2特集

      イタリア版 村の料理、おばあちゃんの味

      • 「村の料理」とは、“そこにある食材をいかに食べるか”という料理です。都市部のように、他所から食材が集まってくるわけではありません。つまり、同じ料理を食べ続けるということ。その分、飽きない工夫、味わいをより深める技があると言えます。イタリアの地方で地元の生活に密着して修行してきたシェフたちの“イタリア暮らし”をたどりながら、食の宝探しに出ます。

    • 人気連載

      NY最新クラフトビール事情

      • 日本でも人気急上昇のクラフトビール。「職人仕事への憧れ」を抱く世代がクラフトビールシーンをけん引するNYからリポートします。タパスバーでも、高級レストランでも、BBQでもクラフトビール!なNY。『料理通信』ではかつて、鍋×クラフトビールの企画もありました。2013年、ますます人気沸騰の予感です。

    • 人気連載

      【食の文化遺産巡り】
      熊本

      • 食の世界遺産に指定したい名店から、地元に愛される日常の食まで、日本各地に息づく食の文化遺産を巡る旅。今回は、火の国・熊本県を訪ねます。多様な自然が各地で豊かな食文化を育む熊本のお宝を探す旅へ。

    •  目次&中身を見る