HOME 〉

SDGs

〉

SDGs





海洋資源を巡るエコシステムを創る

北海シェフからの便り

vol.9 「オランダのシェフが合流!」

SdgsFeb. 14, 2020

text by Aya Ito / photographs by North Sea Chefs

2011年、公式に立ち上げられた「北海シェフ協会」。代表者であるフィリップ・クライスさんによる牽引で、今や1500名近くものメンバーを集結している。その中には5人のオランダ人シェフがいたが、2019年、新たに15名のオランダの料理人をメンバーに迎え、ベルギーとオランダ双方から活動が繰り広げられることになった。それを記念して、2019年6月、オランダのシェフや調理師学校の先生など20名が参加する決起大会が開催された。北海を取り巻く国々が国境を超えて魚と向き合う新たな一歩の始まりである。


同じ海を見ている。同じことを考えている。

きっかけは、ベルギーのアントワープにも二ツ星レストランを持つオランダ人シェフ、セルジオ・ハーマンさんと協会代表クライスさんとの友情だった。

クライスさんは独立前に、ベルギーとの国境に近いオランダの町スロイスのレストラン「Oud Sluis」で5年間働いたことがある。ここはハーマンさんが父親から譲り受けた店であり、2005年にはすでに三ツ星に輝く名店だった。ハーマンさんは今のオランダ料理界をリードするシェフと言って過言でなく、2人の絆はここで育まれた。
クライスさんもそうだが、ハーマンさんも海のそばで生まれ育ち、海の豊かさを実感して今に至っている。
ハーマンさんは「Oud Sluis」を2013年に手放し、現在はベルギーの海沿いの町クノックに住みながら、オランダに二ツ星「Pure C」を含む3店舗を営み、ベルギーでも二ツ星店を経営する。フライドポテトに代表されるような地元産オーガニック素材の味わいを生かした揚げ物の店も、オランダとベルギーの両国でチェーン化しており、マーケットへの影響力は高い。



中央がセルジオ・ハーマンさん。オランダ料理界のリーダー的存在だ。



ハーマンさんは2019年の決起大会で次のように語っている。
「Pure Cのシェフであるシルコ・バッカーと私が、この協会のメンバーになると名乗りをあげたのは、ある意味、当然のことでした。私たち料理人が扱うのは、ターボットやヒラメのような高級魚だけではありません。知られることなくそのまま捨てられてしまっていた魚の味わいを発見し、その価値を知り、多くの人々と分かち合っていきたいと、私自身も海の環境を思って、ずっと料理に挑んできました。教育を進め、問題意識を育てていかなければならない。クライスさんによって設立された北海シェフ協会を誇らしく思います」
自分の店ではもはや協会のラベルのついた魚しか扱っていないという。決起大会ではさらに「北海に国境はない。協力してより良い豊かな海洋資源づくりを推し進めていけるはず」と決意を述べた。

「Pure C」のシェフを務めるシルコ・バッカーさんは「トラサメやアジなど、これまで下魚と呼ばれてきた魚の活用はオランダでまだ広まっていませんが、我々料理人にとっては経済的にもポテンシャルのある食材のはずです。ベルギーの料理人たちが協会で推し進めている、サイトや冊子などで提案する魚のレシピの共有などは、オランダのシェフたちにとって壁を低くしてくれるに違いありません」とコメントする。そして、「ベルギーのように、一般市民にも親しまれ、スーパーにも並ぶようなマーケットが育つことを目指している」とも。



「Pure C」のシェフを務めるシルコ・バッカーさん。



「ブルー・ボックス」がシェフの意欲を刺激する。

オランダでの第一歩として着手した活動は「ブルー・ボックス」である。これは本連載vol.8で紹介した北海シェフ協会の研究チームによるメイン活動で、2019年10月、オランダのメンバー全員に協会のマーク入りのボックスが配られた。中身は、オランダのフリッシンゲンやユルクなどの港で水揚げされて競売後に集められた魚だ。ホウボウやボラ、イワナ、ツノザメ、ベルギーやオランダでは食する習慣のないイカなど、複種の魚が入っている。1種ずつ特性を精査し、調理法を試して、各自ウェブに投稿していくが、この春から発表される予定だ。 オランダのメンバーとなったゼーランド州コスにあるレストラン「Meliefste」のオーナーシェフ、ティジ・メリエフストさんは、初めて手元に届いたブルー・ボックスに興奮したという。今まであえて使ってこなかった複数の魚が入っていたからだ。客に納得してもらえるレシピを生み出すという、料理人としての技量を試す機会でもあり、インスピレーションがかき立てられたという。



「インスピレーションをかき立てられる」と目を輝かせる「Meliefste」のティジ・メリエフストさん。

届いてきた「ブルー・ボックス」を開けて、魚と向き合うオランダのシェフたち。精査を重ね、試作を繰り返して、その成果をWEBで報告していく。

北海シェフ協会のマネージャーを務めるヤン・ヴァン・ドゥ・ヴァンさんは、「ベルギーのシェフたちにとっても、国を違えたシェフたちの料理からインスピレーションを得られる。すばらしい仲間、アイデアとの出会いや、コミュニケーションの機会となるはずだ」と、オランダとの太い絆に今後を期待する。



北海シェフ協会が築くエコシステム







ゴールとのつながり


12

つくる責任つかう責任   食材として未利用魚の可能性を探る。


14

海の豊かさを守ろう    未利用魚のレシピを広め、価値を高め、
             魚種ごとの漁獲量が偏らないようにする。


17

パートナーシップ     国境を越えて料理人と漁師、卸業者と連携をとる。




  

<OUR CONTRIBUTION TO SDGs>
地球規模でおきている様々な課顆と向き合うため、国連は持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals) を採択し、解決に向けて動き出 しています 。料理通信社は、食の領域と深く関わるSDGs達成に繋がる事業を目指し、メディア活動を続けて参ります。









Sdgs





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / PIONEER





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





PEOPLE / PRODUCER





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / CREATOR





FEATURE / MOVEMENT





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録