HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [New York]

“ファーム・トゥ・テーブル”のリンゴ酒バー

Jul 12, 2018

  • 米国では最近、シードル(ハードサイダー)が人気だ。ワイン同様、造り手や土地の個性を表す深い味わいを持ち、ビール同等の低アルコールなのに、苦味がなくグルテンフリー、さらにシャンパンに似たさっぱりとした口当たりから、多彩な料理に合う。

    そんなシードルの魅力を紹介すべく2017年12月にオープンしたのが「ブルックリン・サイダー・ハウス」だ。オーナーは屈指のリンゴ産地ニューヨーク州北部で、シードルを造るピーター・イー氏。氏は2014年、経営するワイン店の仕事でスペイン・バスク地方を訪問。樽出しのシードルのおいしさに感動しキャリアを転換した。

    店内では自家製4種を含む計17銘柄のシードルを提供。お酒とのペアリングがテーマの4品のコース(49ドル、ベジタリアン43ドル)も用意する。シードルで煮込む地元産豚のソーセージなど、シードル同様“ファーム・トゥ・テーブル”の理念を貫く内容だ。イー氏は「シードルは禁酒法前、庶民がこよなく愛した飲み物。その味わいを再発見してほしい」と話す。

    (『料理通信』2018年6月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎Brooklyn Cider House
    1100 Flushing Ave, Brooklyn, NY 11237
    ☎+1-347-295-0308
    バー 17:00~24:00 (土曜、日曜11:00~翌1:00)
    レストラン(コース料理のみ)17:15~21:00
    月曜休
    www.brooklynciderhouse.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。

JOURNAL / WORLD