HOME 〉

「小さくて強い店」は、どう作る?vol.6 料理通信2014年1月号 | 料理通信

「小さくて強い店」は、どう作る?vol.6 料理通信2014年1月号 | 料理通信

MAGAZINE




  • 2014年1月号 定価: 1,026円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      「小さくて強い店」は、どう作る?vol.6

      190万円からの開業実例を一挙公開!
      • 発信力、吸引力のある店ができると、街の流れが変わる――そんな動きが起きています。街を楽しくする「小さくて強い店」の主はどのようにして現在のスタイルを考え、形にしてきたのか? 新米&ベテランオーナーの実例を、一挙公開します。

    • 小さくて強い店の外観集

      • ワクワクする外観の店が増えれば、街はもっと楽しくなります。そこで、お客さんの目をくぎ付けにする外観のヒント集を作りました! 他にも、店内リフォームのビフォー・アフターや、カウンター図鑑、脱サラ組店主の鼎談など、店づくりネタが満載です。

    • 小さくて強い店の珠玉レシピ17

      • スタンディングでも楽しめるよう、一皿のサイズがミニマムになった分、ぐっとりーズナブルになった“小さくて強い店”のメニュー。仕込んでおいてさっと出す、工夫が詰まった珠玉のレシピは、調理の参考にしたいヒントがあちこちに見つかります。レシピを価格帯別にお届けします!

    • 第2特集

      この冬は、国産ジビエに注目!

      • 日本のジビエの周辺が大きく変わってきています。ハレの日のご馳走から日常の一皿になり、産地や猟師を指定して仕入れが行われたり、日本酒or日本ワインと楽しんだりと、日本ジビエの世界が拡大し、成熟中。国産ジビエの楽しみ方を伝授します。

    • 人気連載

      クリエイター・インタビュー

      • 『ゴルゴ13』の作者、さいとう・たかを氏。連載開始から45周年を迎え、一度も休載したことがないと聞いて驚く。喜寿を迎えた今も、毎月200枚もの原稿を書くのだそう。エネルギーの源泉は、青森から田子牛を取り寄せて焼く、朝からのステーキ! クリエイションの源を探りました。

    • 人気連載

      食の世界の美しき料理人たち

      • 食の世界を舞台に、開拓精神旺盛に活躍する仕事人を紹介するコーナー。鳥取の山岳地にハンター民宿を開業した、女将でありハンターでもある梅野知子さんの仕事を追いました。日本で狩猟免許を取得しているハンターのうち、女性の比率は1%未満。さて、彼女の生き方とは?

    •  目次&中身を見る