JOURNAL / JAPAN

日本の食 知る・楽しむ
牛ヒレのステーキ「ヨシカミ」 since 1951
連載 ― 世界に伝えたい日本の老舗 服部幸應

懐かしの洋食・ナポリタンが若い人たちにも人気とか。私のお気に入りは、「うますぎて申し訳ないス!」の愉快なキャッチフレーズで知られる「洋食屋ヨシカミ」製です。ナポリタンはもちろん、必ず注文するのがビーフ...

Read More ...

May 01, 2016

日本の食 知る・楽しむ
天ざるそば「砂場総本家」 since the mid-1700s
連載 ― 世界に伝えたい日本の老舗 服部幸應

江戸から続くそば屋といえば、砂場、藪、更科が代表的老舗です。とくに砂場は最古参で、発祥は大阪。店が大阪城築城の工事用の砂利置き場のそばにあったために、「砂場」と呼ばれるようになったとか。現在は、大阪に...

Read More ...

May 01, 2016

日本の食 知る・楽しむ
明神甘酒「天野屋」 since 1846
連載 ― 世界に伝えたい日本の老舗 服部幸應

神田明神の鳥居横に店を構える「天野屋」は、今、大ブームの発酵食品の元祖的存在です。名物は芝崎納豆に味噌、そして甘酒。昔懐かしい小物に囲まれた喫茶でいただく甘酒は、滋味に富み、体にすーっとしみ渡っていく...

Read More ...

May 01, 2016

日本[東京] 「SAKE2020プロジェクト」キックオフイベントが開催されました | The Cuisine Press WEB料理通信

JOURNAL / JAPAN ツイート !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(...

Read More ...

Apr 18, 2016

日本[むつ]  Japan/Mutsu 青森 下北半島の野菜生産者が教えてくれたこと | The Cuisine Press WEB料理通信

JOURNAL / JAPAN ツイート !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(...

Read More ...

Apr 18, 2016

齋藤 壽 - 食の現場から
「知ること」と「できること」の差

齋藤 壽 - 食の現場から 「知ること」と「できること」の差 知っていることと、それが実際にできることとの間にはどれだけ大きな隔たりがあるか、ということを実感しながら、学んでいるのが美瑛料理塾の塾生の...

Read More ...

Jan 01, 1999

齋藤 壽 - 食の現場から
「わざわざ訪ねるべき」価値とは

齋藤 壽 - 食の現場から 「わざわざ訪ねるべき」価値とは そしてこの景観は農家の方々が起伏のある丘の農地を、曲芸ともいえるテクニックでトラクターやコンバインを運転して営むことで作り出されている。 「...

Read More ...

Jan 01, 1999

齋藤 壽 - 食の現場から
自然に寄り添うことの意味

齋藤 壽 - 食の現場から 自然に寄り添うことの意味 松茸はあきらめよう、料理に使えるあのキノコやこのキノコを探してくれないか、と問いかけると、無知な奴は困る、という顔が返ってきた。キノコにはどんなも...

Read More ...

Jan 01, 1999

日本 [徳島] 暮らしに寄り添う生地作り
クロワッサンがふるさとの味になる。

JOURNAL / JAPAN photographs by Masahiro Goda 写真:上・徳島県神山町「かまパン&ストア」の「いつもの食パン」324円(右)と「超やわ食パン」540円(左)。...

Read More ...

Jan 01, 1999

齋藤 壽 - 食の現場から
楽しさあっての「食事作法」

齋藤 壽 - 食の現場から 楽しさあっての「食事作法」 私たち日本人の食卓に並ぶ食器は飯茶碗や汁椀はもちろん、おおかたは深みのある器であり、それらの食器に直接、唇をつけて食べるというのが基本的な習慣で...

Read More ...

Jan 01, 1999

JOURNAL